今回は撮影機材において最も重要な
「カメラ」の説明をします。

撮影、収録というとテレビ収録で使用する大きいカメラをイメージするかもしれませんが、
今回は自社のみでリクルート採用動画を制作ということで
気軽に動画撮影に取り組めるカメラの紹介をしたいと思います。


スマートフォン

まず、一番お手軽なのは
みなさんが日常で手放すことのできない
スマートフォンを使用した撮影方法です。
お手軽といっても最近のスマートフォンは多機能になっていて
4Kなどの高画質撮影やタイムラプスみたいな特殊な撮影にも対応している機種もあります。
カメラを持ち運ぶ際の手間もかからないうえに自由度の高い撮影ができるでしょう。


ハンディカム  

 

ハンディカムの利点は、
●小型で持ちやすい
●手ブレ補正機能によりブレの少ない撮影に適している。
●高倍率のズームができる
●オートフォーカス性能が良く、撮りたい絵を逃がさない。


デジタル一眼レフカメラ

背景をぼかしたり、特定の人や物にピントを合わせたりできることで、
映画のワンシーンのようなオシャレでかっこいい動画が撮影できます。
用途によってレンズを取り替えられ、こだわりの映像が撮影できるのも魅力の一つです。


使用する用途によりカメラを使い分けるのも
効果的かもしれないですね。