撮影が終わると編集作業にとりかかります。
編集作業には編集用のソフトが必要になってきます。

編集ソフトといっても世の中にはたくさんあるので
どのソフトを使ったらいいか迷うと思われます。

そこで今回は私自身が過去に使っていたものや
今現在も使用しているソフトをご紹介します。


【無料ソフト編】
Windowsムービーメーカー
基本的な編集の機能は備わっているので動画編集入門としてはおすすめのソフトです。
ただし動画編集に慣れてくると、痒いところに手が届かない思いをすることが増えてきて
不自由さを感じてきます。

※公式ダウンロードと公式サポートが2017年1月10日に終了しました。

AviUtl
フリーソフトの中ではダントツに高機能です。
Windowsムービーメーカーから移行した時は感動すら覚えました。
色々な機能を追加できる自由さはかなり高いですが、
ある程度のPCの知識がないと機能拡張や導入が若干難しいです。

ダウンロード


【有料ソフト編】
Adobe Premire Pro
映像制作に携わるほとんどの人間が使用しているメジャーな編集ソフト。
基本的な編集はもちろんのこと、adobeの他のソフトである
「illustrator」「Photoshop」「Aftereffects」「Audition」などの連携が
スムーズにとれるというメリットがあります。

ただしPCの動作環境によってはやや動作が重くなります。

ダウンロード

Adobe Aftereffects
こちらも映像制作に携わるほとんどの人間が使用しているメジャーなCG制作ソフト。
映画のCGやオープニングタイトルをはじめ、最近はCMのテキストアニメーションなどでも
多方面に使用されています。
現在使用している中で最も活躍しているソフトです。

ダウンロード

※「Adobe Creative Cloud」登録で月額4980~でAdobe製品がすべて使用できます。

Vegas MovieStudio
Sony Creative Softwareが開発した動画編集ソフト。
比較的低いスペックのPCでも軽快に動作・編集できる点に定評があります。
一般家庭向けの動画編集、YouTube用の投稿動画には充分です

ダウンロード

Vegas Pro
「Vegas MovieStudio」をより強力にしたプロご用達編集ソフト。
編集ソフトとしての機能性は非常に高いです。
動作も軽くマウスで直感的に編集ができます。
今後導入を考えるほどの魅力的な編集ソフトです。

ダウンロード


次回はMac用編集ソフトをご紹介します。