みなさんも「解像度」というワードを耳にしたことがありますよね?
スマートフォンを購入する際にも「~万画素まで対応」など聞いたことあると思います。

「解像度」とは、テレビ・コンピューターのディスプレイの表示や、プリンターの印刷において、
表示できる画像の鮮明度のことをいいます。
つまり、「解像度」が高いということは、細かな部分まで表現された、なめらかな画像だということになります。

解像度の正しい知識を知ることで、パソコンなどのディスプレイ設定や動画の書き出し形式が理解できるようになります。
ここでは解像度と画面の縦横比(アスペクト比)の種類を説明します。


【SD(標準画質)】
DVDで使用されている解像度。

解像度 720×480
画面の縦横比 3:2
画素数 約34万画素

【HD(ハイビジョン)】
高精細テレビなどで利用される解像度。
Bllu-rayでも使用します。

解像度 1280×720
画面の縦横比 16:9
画素数 約92万画素

【フルHD(フルハイビジョン)】
HDよりも解像度が高く、BSハイビジョン放送やPCなどで多く利用される解像度。
Youtubeでもアップロード可能です。業務の編集でもよく使います。

解像度 1920×1080
画面の縦横比 16:9
画素数 約200万画素

【4K】
フルHDよりもさらに解像度が高く、テレビやPC、カメラなどでも増えてきている解像度。
Youtubeでもアップロード可能です。

解像度 3840×2160
画面の縦横比 16:9
画素数 約830万画素


解像度と縦横比の設定は編集した動画を書き出す際、
一番重要な設定項目です。

正しい知識を覚えてDVD、Blu-rayなどのメディアやSNSに展開して

より多くの人に自社で作った動画を見てもらいましょう。

1981年8月4日生まれ。京都府京都市出身。映像エディター。実際の採用動画制作の中で身に付けた知識やアイデアをリクルージンで発信しています。著書:プロが教える! Premiere Pro デジタル映像編集講座