さて、ここからいよいよ撮影した動画の編集に入ります。

編集の際に準備するものは
編集する機器:デスクトップ・ノートPC
カメラで撮影した動画素材、音声素材
編集用アプリ

以上の3項目になります。

3つ目の編集用アプリなのですが、現状多くのアプリがリリースされていますので
どの編集アプリにしたらいいか正直悩みますよね?

そこで、今回この「自社で採用動画を作ろう」のコンテンツでは
「Vegas Moviestudio」を使用して編集の説明をしていきたいと思います。

では、なぜ「Vegas Movie Studio」なのか?

「Adobe Premire Pro」、「Final Cut Pro」など優れているアプリは多々ありますが、
それらのアプリを快適に動作させるには、映像編集に特化したスペックの高い機器を使う必要があります。
それに高機能であるが故に、やはり操作を覚えるまでに時間はかかります。
しかもそこまで本格的なソフトを購入となると・・・予算も考えなければいけませんよね。
それに映像制作会社やデザイン会社なら専門的な設備が整っているのは当たり前ですが、
まず普通の企業にそこまでの専門的かつ高機能なパソコンは設置されていないと思われます。
フリーソフトも様々なものはありますが、サポートの面などを考えるとオススメしません。

これらの点をふまえて「Vegas Movie Studio」をオススメするポイントは、
使い方が簡単。
1コマ単位の微調整ができる。
高画質な動画が作れる。
低価格で始められる。
プロ仕様のソフト「Vegas Proシリーズ」の普及版なので、低価格でスマホアプリや無料ソフトよりもハイクオリティな動画が作成できます。

弊社でも【ホントに簡単!DVDとBlu-rayが作れる動画作成講座 Vegas Movie Studio編】をリリースさせていただいております。

製品公式ページはこちら
講座も併せてご購入いただけます

次回から実際にこの「Vegas Movie Studio」を使って編集の説明をしていきます。