人事業務の経験が浅い方や未経験の方は
「人事部」についてどう捉えているのでしょう?

就職活動で企業を訪れた学生が最初に出会う人と言えば
企業の「人事部」の人間であると思います。

ということは企業の「人事部」の印象1つで
企業全体の印象が決まるといっても過言ではありません。

そもそも「人事部」の仕事内容とは?

「採用」
新卒採用、中途採用、アルバイト・パート採用、派遣契約や
採用媒体の準備、説明会やインターン、面接など。

「教育」

研修活動の企画、立案、実施。
教育の成果のリサーチ業務など。

「労務」

勤怠管理、給与計算、各種保険の手続き、年末調整など
企業における全社員の個人情報を扱う業務。

「評価」

人事査定(給与、賞与、昇進)を行う。

「運用」

社内規則の見直しや修正を行い運用する。

「解決」

社内でのトラブルの解決や相談などにも対応する。

事務処理のスキルはもちろんのこと、
企業全体を見渡し、且つ理性的に物事を進められる能力が必須だといえます。

そういった意味で「人事部」の成長こそが
企業全体の成長を促していく最も大切な要素だと思います。