近年、新卒採用は確実に採用予定数が増えており、
多くの学生が数社の内定を持っている状況にあります。

そんな中、コストと手間をかけて内定を出した人材を
辞退させることなく入社させることが
人事担当者にとって重要な仕事といえます。
つまり内定者フォローです。
%e5%86%85%e5%ae%9a%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ad%e3%83%bc

内定者フォローの流れを説明します。

内々定告知

「10月1日に内定を出します」という会社からの約束です
「歓迎しています」「是非入社してください」
という事を学生に対してどう伝えるかが重要です。


面談

再度会社に来てもらい面談を行います。
その際に内々定通知書、内々定承諾書などの書面を渡すとともに
入社までのスケジュールや学生の今後の就職活動の有無などを聞きます。


内定者懇親会

内々定者と社員とのコミュニケーションの場として
多くの企業に導入されています。
社風や社員を知ってもらう機会でしょう。


内定式

内々定学生に正式な内定通知をする式です。
経団連が新卒採用の際に求める指針で定めた
10月1日以降に開催される事が多く
学生側も通例として認識しています。

入社前研修

学生の不安を取り除くと共に
入社に対するモチベーションを
高められるような取り組みが必要です。

入社前研修をすることにより、
同期を引き合わせて同じ目標を持つ仲間意識の向上、
仕事の内容を事前に理解してもらうことでのミスマッチの減少、
入社前からしっかりとしたビジネススキルの会得により
社会人になるという事を自覚させることが可能です

入社
学生にとっても人事担当者にとってもここがスタート地点。
入社してから一人前になるまで仕事面や精神面での
人事担当者のフォローが必要不可欠です。