「この会社で働きたい!」と思われるPR映像
企業が理想の人材を獲得するために、社員が動画で会社の魅力を伝える「リクルート採用動画」を使ったPRが主流となってきています。これまで応募者の情報源は文字と写真がほとんどでしたが、それだけでは伝わりきらない会社の魅力を動画で伝えることで、様々な採用の問題を解決できます。

会社を好きになってもらう
「好きな会社だから入社後もがんばれる!」同じ業界であっても会社ごとに違った空気があります。その空気の中心となるものが、社長・社員を含めた「人」です。会社に合った人材とは、会社の空気に合う「人」とも言えます。一見、性格や個性や趣味が違う人たちでも、業界の専門的な話は盛り上がる。キャラは違うけど仕事に取り組む姿勢はすごく尊敬できる。など、共通の仕事の専門部分で空気が合う人が集まることで、会社を好きになり、生き生きと働きがんばることができます。

そういった人が集まることで会社の気がよくなり、長く働いて成果を上げてくれるのではないでしょうか。

こちらは弊社で制作させていただいた採用ムービーです。

魅力的な人の周りに魅力的な人が集まる
「類はともを呼ぶ」と言いますが、魅力的な人がいるところに魅力的な人が集まります。これを企業の求人で行うには、来て欲しい人のイメージに近い社員を映像で見せることです。理想の社員を見せることで、同じような空気・志の人が集まりやすくなります。

1本の採用動画があれば理想の人材に来てもらうPRができ、会社の空気に合わずにすぐ辞めてしまう「採用のミスマッチ」を減らす効果が期待できます。