近年、企業や学生の間でインターンシップが重要視されています。

internship
インターンシップとは、学生が企業で実際に働く体験ができる「職業体験制度」のことです。

約8割もの企業が参加した学生の中から内定を出したとの調査結果もあって
インターンシップが学生の職業を体験する場から実質的な採用ツール
定着してきたことがわかります。

採用活動を開始してから選考するまでの期間が短くなった事が原因でしょう。
採用活動の短期化には、学生側が企業への理解を深めることができないなど不安があります。

企業がインターンシップを採用活動に取り入れるメリットは
学生と時間を共有することで

人物像、得意・不得意などの人間性
仕事への姿勢、取り組み方などの仕事観
言葉遣い、マナーなどの一般常識

数回面接を行うよりも、学生の性格や能力を理解できるでしょう。

企業と新卒採用のミスマッチは新卒採用担当者にとって
常につきまとう問題です。
インターンシップと動画を組み合わせることで、
短期間でもより効果の出る採用活動ができるのではないでしょうか。