企業が優秀な人材を確保するためには、莫大な労力とコストを要します。
多岐にわたる採用活動には当然、
多くの社員の協力が必要です。
これらの事から採用活動を効果的に効率化したいと感じている
企業の経営者や人事担当者は多いようです。

ここで動画を使用した採用活動を紹介します。

合同説明会の会場で放映
他の企業とイメージの差のない限られた空間・情報・スペースでも
参加者に動画を見せることで好感を持ってもらうことができます。
動画を見たことで御社に興味を持つ人も出てきます。

ホームページや採用サイトで公開
御社のことをリサーチして、応募しようか悩んでいる人が動画を見ることで
、自分がそこで働いている姿をイメージできるようになります。
そうすることで距離感が縮まり応募への後押しとなります。

SNSで公開
「応募候補になく調べていなかった」「御社の存在を知らなかった」といった人を
、facebookやYouTubeの動画で知って興味を持ちます。
優秀な人材を獲得する新しい機会が作れます。

composite of business people shaking hands

採用活動を動画中心に展開する事により
インターネットを通じて、不特定多数の学生に見てもらう事が可能
1人1人に個別に伝達するより圧倒的に効率的です。
コストや労力の削減に貢献できるでしょう。

このように企業の採用活動における課題は
動画を活用することにより解決できます。

動画を効果的に機能させることによって
それぞれの会社の個性を活かした採用活動ができるのではないでしょうか。