過去から現在に至るまで、
優秀な人材の確保」というのは
どの企業にとっても最重要項目であり
新卒採用はその中でも未来の企業の成長を担う重要なスタート地点です。

従来の選考の流れはというと、採用担当者が人数をかけて大変多くのエントリーシートを
読んで合否を判断するというものですが、この段階で莫大な時間や気力をロスしてしまう可能性があります。

地方銀行大手の横浜銀行では昨年よりお客様との面談記録の分析などに活用している人工知能「KIBIT」を
2019年度の新卒採用のエントリーシートの選考にも活用すると発表しました。


人工知能「KIBIT」とは?

株式会社FRONTEOが独自開発した日本発の人工知能エンジン。
株式会社FRONTEOさまの【人工知能「KIBIT」】のページはこちら

人工知能「KIBIT」を選考活動に導入する狙いは、

応募者をより客観的に、より適正に評価するため


KIBITによるエントリーシート評価の実証実験を行った結果、

より客観的に、そして一貫性のある評価軸のもとに選考ができる

エントリーシートの確認時間を大幅に削減することが可能になり、

空いた時間を面接などのコミュニケーションなどに有意義に使える

選考結果を今までよりも早く応募者に伝えることができるため、

応募者側にも選択する時間ができるなどのメリットがある

などと考えられています。

2017年にもソフトバンク株式会社で新卒採用のエントリーシート選考に
IBMの人工知能「Watson」が活用されている実績があり、
今後、採用活動そのものが進化していくのは間違いないでしょう。