採用活動をする上で企業側にも学生側にも重要な「インターンシップ」
企業側は会社説明会では伝えきれない様々な面を学生に見せることができたり、
学生側は仕事や業界を実際に体験することができるメリットがあります。

近年、様々な企業がインターンシップを導入しているなか、
ソフトバンク株式会社が地方創生インターン~TURE-TECH〜という
インターンシップ・プログラムを展開しています。

「地方創生インターン~TURE-TECH(ツレテク)〜」とは?

TURE-TECHは、次の時代を創る”変革リーダー”を目指す学生のためのインターンシップ・プログラム。
情報テクノロジーの持つ無限の力を信じ、
情報革命で人々を幸せにすることをミッションとするソフトバンクでは、
革命を必要とする現場に皆さんを連れてゆきたいと思います。
ICTを用いた課題解決の提案を、直に地方自治体に行ってもらうことで自分自身の可能性を知り、
「あなたにしかできない革命とは何か」を深く掘り下げてもらいたいのです。

(SoftBank Recruiting Site より引用)

 

このプログラムでおもしろい点は
「実際に問題を抱え、革命を必要とする国内外の現場に
ICTを用いた問題解決の提案を自治体や法人に行う」ところです。


※ICT・・・情報処理や通信に関連する技術、産業、設備、サービスなどの総称。

「Information and Communication Technology(インフォメーション アンド コミュニケーション テクノロジー)」の略語で
日本では「情報通信技術」と訳されています。


・世界No.1を目指す面白さを知ってもらいたい

・誰よりも高い目標を実現する
などといったソフトバンクグループのビジョンが実感できます。

ただ単純に学生に就業経験を積ませるだけではなく
将来的に企業を”変革”していく人材育成のための
インターンシップがこれからは必要になってくるのではないでしょうか。