先日、たくさんの人事採用担当者の方々とお話をさせてもらう機会がありました。

色々な人と話した中で一番多かったのが「採用活動での悩み」。
企業における人事採用担当者は一体どんなことで悩んでいるのでしょうか?

説明会に人が集まらない・応募が少ない
合同企業説明会では、学生はまず大手企業のブースを優先するそうです。
大手企業と中小企業のネームバリューの差が顕著に現れます。

母集団形成が難しい
母集団形成とは、自社で採用する候補となる学生を集めることです。
新卒採用を行うことを知ってもらってから、
自社に興味を持つ学生を集めることから採用活動が始まります。
ただ多ければ良いわけではなく、自社の規模に適した人数を集めることが重要です。
それと同時に求める人材に近い母集団、
つまり質の高い学生の母集団を形成することもまた重要です。

マンパワーが足りない
人事の仕事は「採用」「教育」「労務」「運用」などさまざまな業務があるほか
一人あたりがこなさなければならない仕事量が多い。
近年はインターンにも人員を割かなければいけないので慢性な人手不足になっています。

リクナビ・マイナビに掲載しても効果がない
学生なら一度は目にしたことがある大手就職・採用情報サイトリクナビやマイナビへの掲載。
多くの企業が情報を掲載しているので自社の情報がなかなか学生の目に触れないことがある。

ネームバリューがない
やはり有名な大手企業は「好待遇で将来的にも安心」といったイメージがあるため、
安定して学生に人気があります。
それとは真逆にあまり名前の知られていない中小企業は名前を知ってもらってからがスタートなので
大手よりも一工夫、二工夫しなければ学生を集められない現実があります。

業界全体のイメージの定着
企業には「金融」「飲食」「商社」「アパレル」など他にも様々な業界が存在します。
中には「ブラック」というイメージが浸透している業界もあるために
最近では学生側の親御さんから内定辞退をしてくるパターンが増えてきているそうです。


採用活動も大手企業や中小企業、
それに業界によってもそれぞれ悩みや問題点が存在します。

情報サイトなどで載っている問題の解決法は
すべての企業に共通で当てはまることではないので

それぞれ自社にあった採用活動への取り組みが必要になってくるでしょう。