採用業務に関わる人ならば、「Indeed」という言葉を一度は耳にしたことがあるでしょう。
では「Indeed」とは一体何なのか?

「Indeed」(インディード)は、世界最大の求人情報専門の検索エンジンです。
(分かりやすく言うと求人情報に特化したGoogle,Yahooです)

求人サイト、新聞などのメディア、各種団体、企業の採用ウェブページなど、
数千のウェブサイトを巡回して求人情報を収集しています。
検索結果は求人情報が実際に投稿されている掲載元へリンクしており、
求職者は掲載元で求人情報の詳細を閲覧し、求人への応募も掲載元で行うことができます。
また、Indeed上から直接応募できる求人もあります。
求職者は無料で求人情報検索やそれに付随するサービスを利用できます。

そして、通常の検索エンジンと同じように、有料枠(Indeed広告)と無料枠があります。

■有料枠(Indeed広告)

Indeed有料枠は1クリック×単価
(例)A社:1クリック100円 B社:1クリック50円→単価の高いA社が上位表示される

当然、上位表示されれば求職者が見る可能性は高くなります。
しかしながらwebで求人検索をする際、求職者は平均7~8ページを見ると言われているので
無理に上位表示させる必要はないのかもしれません。

■無料枠
アカウントを作成してIndded内で求人情報を作成するだけで
自然検索欄に求人情報を掲載することができます。

※掲載するためにはいくつかのルールがあります。
・仕事内容、アピールポイントは必須。
・給与(任意)、求める人材、勤務時間・曜日など内容をしっかり書く。

給与欄と入力項目は掲載順位に影響すると言われています。


採用に費用がかけられない企業の場合、無料で掲載できるだけでなく

無料で人材を採用できたら非常に嬉しいですよね。