今回は「Indeed」を使うメリットを説明します。

まずは求職者が「Indeed」を使うメリットをお話します。
欲しい求人情報をまとめて検索できる
「Indeed」はリクナビやマイナビ、その他のweb上の求人サイトに掲載されている情報を
一度に検索できます

希望の求人、職種をピンポイントで探せる
PCやスマホの過去に検索した履歴から求人情報を優先的に表示してくれます。

会員登録が不要
「Indeed」は会員登録なしで利用できます。

続いて企業が「Indeed」を使うメリットを説明します。
応募者が増える
企業によって差はありますが、有料広告を使えば検索された時に上位表示されるため
求職者の目に留まる機会が断然増えます。

広告費を抑えることができる
「Indeed」の広告費は応募ページをクリックされた時に発生します。
本当に興味のある求職者にピンポイントで費用を使うことができます。

人材のミスマッチの減少
「Indeed」は求職者が興味を持っている情報を優先表示するので、
「見た情報と違う」などのミスマッチが起こりにくくなります。


このように「Indeed」は求職者と企業のどちらにとっても

さまざまなメリットがあります。
従来の求人媒体で効果が見られない、予算がかかりすぎているなどの場合は
一度採用活動を見直してみるのもいいかもしれません。