採用に関わっている人は既にご存知かと思われますが、
先日、日本経済団体連合会(経団連)の中西宏明会長が
「2021年春以降に入社する学生向けの採用ルールを廃止するべきだ」という発言が
各方面で波紋を広げています。

「学生の本分である勉強よりも就職活動が早くなるのはおかしい、
企業側と話して作ったルールを作ったしっかりと守っていただきたい」と
安倍晋三首相も経団連の採用指針に異議を唱えています。

「学生生活に余裕がなくなる」「早めに動けるなら問題ない」などと
学生側の意見としては賛否両論なのが現状です。

そこで今回考えてみたいのは、
採用ルールを廃止した際の企業側のメリットとデメリットです。

まずメリットといたしましては、
1、2年生からインターンシップなどを通じて就職について考える経験は求職者にとってプラスになる
年間を通して早い段階で学生にアプローチができる
早い段階で内定を出すことにより、学生を安心させることができる
学生が就活をしたい時期、企業が人材をほしい時期に採用することができる

次にデメリットとなるのは、
内定が早く決まるほど、内定者フォローにより一層気を張らなければならない
学生が内定欲しさに署名をしてしまうと、やりたいことが変わっても署名に縛られ会社を変えることができないので
モチベーション低下やミスマッチによる早期離職につながる
採用活動期間が曖昧になると、採用担当者が常に動き回らなければならない

というように、どちらがいいとは一概には言えません・・・。

現在、日本において「採用」は大きな転換期を迎えています。
企業側も学生側も多様な選択肢を用意しておかなければならないのかもしれませんね。